Friday, July 15, 2005

「迎え火」 北原白秋

北原 白秋作詞の童謡、迎え火。作曲は弘田龍太郎
お盆になる。
もうこの世にはいない人。自分が生きている間に会えた人も、すれ違った人も、生まれる前に既にいなくなった人々も、皆帰ってくるそうだ。
夕方迎え火をたいて誰もしゃべらない。静かに庭の物音に耳を澄ます。
 
迎え火
北原白秋
  かへろが啼くよ、
  遠い田の水に、
  迎へ火しましょ。
 
  出た出た月が、
  をりるな夜露
  苧がらがしめる。
 
  おとさまござれ、
  おかさまござれ、
  おぼんが來たに。
 
  すずかぜ吹くに、
  親なし鳥も、
  ほろほとなくに。

d-scoreより
http://www.d-score.com/ar/A03021701.html

0 Comments:

Post a Comment

<< Home